食べても太らない人の秘密

ダイエットを頑張っている人にとって、食べても太らない人って凄く羨ましいですよね。そんなに食べていないのに太ってしまう人、いくら食べても太らない人の違いって、いったいどこにあるのでしょうか?

太る主な原因としては、第一に食べ過ぎ第二に運動不足というのが定説です。しかし、太る原因はそれだけではないんです。腸内環境の違いによって太りやすくなったり、太りにくくなったりするんです。

太りやすい人の腸内にはファーミキューテス(通称デブ菌)がたくさんいるとのこと。これに対して、食べても太りにくい人の腸内には肥満を防止する菌(通称ヤセ菌)がたくさんいることが分かっています。

ヤセ菌の代表がビフィズス菌。このビフィズス菌を増やせば徐々に太りにくい体質に変わっていくことが期待できる訳です。そのためには、ヨーグルトなどの乳製品、食物繊維やオリゴ糖を多く含む野菜を食べると効果的。また、良質なサプリでビフィズス菌を効率的に補うのも良い方法です。